年収300万円でも大丈夫?

久留米市の結婚相談所おすすめ

MENU

結婚は年収300万円でも大丈夫か?

低所得者であることにコンプレックスを持って、結婚を決意することができない人は多数います。その1つの基準になるのが年収300万円台ではないか?と密かに分析しているところではあります。実はこのラインになる収入の若い男性は結構多いと言われています。特に20代前半~20代後半においては範囲的にドンピシャである人は多いと思われます。ですので、それほどネガティブな気持ちをイメージする必要はなく、十分に結婚することができる経済力を持っているので、大丈夫ですよ?

 

結婚できない!は彼女が原因なのか?

 

男性から女性へ経済力を求めるケースは稀ですが、彼女が彼氏の年収を気にする確率は結構高いのが特徴的ではあります。例えば最低でも年収600~800万円以上を要求するのが平均的と言われています。もちろん、そのようなことを口にしない人でも大体は理想的な給料という考えを持っているのではないでしょうか?場合によってはセレブ思考だと年収1000万円以上、更には年収3000万円以上と高望みする例も芸能関係者の中においては珍しくはないと言われていますからね。

 

そのような夫婦になった後の暮らしをそれほど気にしなければスムーズに進みやすいと思うのですが、やはり一生の中でも大切なイベントになりますので、慎重になる気持ちも分かりますが、贅沢したいという欲求を抑えれば別に低所得者の男性とも上手に付き合っていけるのではないか?と思います。

 

女性もパートで働いてもらえれば安心!

 

今後、昇給の見込みが無い場合と毎年のように給料アップする会社では現時点では同じ年収300万円でも大きな差があります。貧乏だな~と思っていた彼氏が実は公務員や大企業のエリートサラリーマンであるという話はよくありますからね。単に金額を見るのではなく、将来性などについても考慮することが婚活で失敗しないコツになるとも考えられるでしょう。

 

そう考えると勤め先の業界が今後どのように飛躍していくのか?主人になる男性の会社での出世状況はどうなのか?などいろいろと調査することは大切になるのかもしれないですね。実際に興信所へ婚前調査を依頼する方は結構多いみたいですね。思わぬ浮気や不倫に関する情報を手に入れてショックを受けてしまうというリスクもありますが、気にするのであれば視野に入れておくのも1つの手ではあります。

 

ちなみに年収300万円でも共働きであれば普通に生活することができるので、安心感はあります。例えば20代の頃は特に男女で給与・ボーナスの差が無いことがほとんどですので、互いに年収300万円なら二馬力で年収600万円になります。これくらいあれば家賃8万~10万円くらいのアパート、マンションに住むことも十分に可能ですし、子供が居ないのであれば年に1回は国内旅行で遊ぶこともできるでしょう。